慰謝料請求の方法

慰謝料とは精神的苦痛に値する値段を加害者に請求することで、被害を受けた側は慰謝料を請求する権利があり、加害者は請求された金額を支払う義務があります。
しかし、実際にどう請求するのか迷う方も多く、請求しないまま時効を過ぎてしまったり、請求方法に誤りがあり支払われなかったり、相場が解らず充分な金額を受け取れないという失敗例も少なくありません。
この機会に慰謝料請求の方法を知り、あなたが受けた精神的苦痛に値する金額を正当に受け取りましょう。


慰謝料を請求することの出来る被害は何種類もあります。
まず、最もポピュラーなのは「浮気」「不倫」など、男女の不貞行為に対する精神的苦痛に支払う慰謝料や、事故に巻き込まれた精神的苦痛に身体的障害も加わる「交通事故」です。
他にも絵や曲などの才能で得た著作権・特許権を侵害する「知的財産権」や「労働問題」「医療ミス」など、被害者が慰謝料を訴える権利は色んな場面で活用されています。


「あんまり精神的苦痛になってないし…」「お金を請求するのは遠慮しよう」など、良心で損していることがありませんか?
どんなにあなたが良心で接しても相手があなたに悪いことをしたのは事実で、その被害が原因であなたが困窮する場合は当然責任を負う義務が生じます。
時効を越えてから(請求期間が過ぎてから)後悔しないよう、また相手にしっかり反省・更生して貰えるよう、慰謝料の請求はきちんと行いましょう。


次のページからは請求の方法について詳しく解説します。


<特選サイト>
慰謝料を請求する権利がある方はこちらのサイトで弁護士に無料で相談出来ます・・・慰謝料請求 弁護士

Copyright © 2014 慰謝料請求のtips All Rights Reserved.